~お知らせ ~ 12月6日(金)より9日(月)まで、学会参加のためお休みです。

不眠と低血糖

饅頭不眠
この記事は約2分で読めます。

このジャングルカンファレンスに参加して、気になったことを自分なりに調べた個人的なメモです。内容に誤りが無いように教科書を参考に書いていますが、間違っているかもしれません。

血糖値が低い(低血糖)だと、ぐっすり寝られない

副腎には髄質と皮質があり、成分は全く異なります。

副腎をお饅頭に例えると、アンコが髄質で、皮が皮質になります。

饅頭

副腎髄質

血糖値が低いと血糖値を上げようとするため、カテコールアミン(副腎髄質ホルモン)の分泌が上昇します。

カテコールアミンには、ドパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンが含まれます。

副腎髄質でチロシンからカテコールアミンは合成されます。

カテコールアミンは全身のアドレナリン受容体(α1,α2,β1,β2,β3)に作用し交感神経系の作用を増強します。

副腎皮質

血糖値が低いと血糖値を上げようとするため、コルチゾール(ステロイドホルモン)の分泌が上昇します。

コルチゾールの原料は、コレステロールです。

コルチゾールの作用

コルチゾールは生命の維持に最も重要な役割を持っています。

糖質・タンパク質・脂質の代謝、免疫機能、水・血圧・電解質の調整作用、骨代謝、精神・神経系、ストレス応答ホルモンとしての作用がコルチゾールにあります。

コルチゾールには、中枢神経を興奮させる作用があります。

カテコールアミンとコルチゾールで興奮してしまう

カテコールアミンは交感神経系を増強し、コルチゾールは中枢神経を興奮させるので、睡眠中に低血糖になると睡眠の質が悪くなります。

さらに、寝汗、歯ぎしり、悪夢などにも見舞われます。

睡眠中に低血糖にならないように寝る前に食べる?

血糖値が低いということだけで考えるなら、寝る前に食べるのが良いとされています。

ただし、寝る前に食べない方が睡眠の質が高くなる方もいらっしゃいます。

実際には、試してみないとわからないそうです。

まとめ

タイムラインのタイトル
  • 寝ている時
    血糖値が下がる
  • 血糖を上げようとする
    カテコールアミン、コルチゾールが増える
  • 自律神経
    交感神経が興奮
  • 症状
    寝汗、歯ぎしり、こわばり、悪夢など

パニック障害やうつ病、体調不良など、血糖値の乱高下が引き金になっていることがあります。

血糖値の乱高下かも? と思ったら、病院(内科)に行き診察を受けましょう。

LINEで24時間予約が可能
完全予約制 脳波トレーニング

まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。
あなたのお力になります。

この記事を書いた人
渡辺光理

日本脳機能トレーニングセンター所長 バイオフィードバックセラピスト、心理カウンセラー、ブレインウェーブテクノロジスト、認定心理士、NLPマスタープラクティショナー

日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
不眠
日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
日本脳機能トレーニングセンター|Brain Symmetry®️
タイトルとURLをコピーしました