ADHDの治療法は、整理トレーニング、ペアレント・トレーニング、クラス・マネジメント、行動的仲間介入、SST、NF、薬

ADHDの治療法ADHD
この記事は約4分で読めます。

整理トレーニング(Organization skills training)

整理トレーニングでは、整理整頓、時間管理、提出物の管理を教えます。

整理トレーニングで整理整頓、時間管理、提出物の管理ができるようになると、ADHDの症状の忘れ物や物をなくす、時間を忘れるといったことが緩和されます。

ADHD以外でも、忘れ物が多い方や時間にルーズな方にとっても役立つトレーニングです。

行動的ペアレント・トレーニング、行動的クラス・マネジメント、行動的仲間介入

行動療法が基になっている行動的ペアレント・トレーニング、行動的クラス・マネジメント、行動的仲間介入は、誰が実施するかで名称が変わります。

親がADHDの子供に対して実施するのが、ペアレント・トレーニング。

学校の先生がADHDの子供に対して実施するのが、クラス・マネジメント。

友達がADHDの方に対して実施するのが、行動的仲間介入です。

実施できるようになるとADHDに限らず、人間関係が円滑になるため、ぜひ学んでいただきたい方法です。

参考文献)注意欠陥/多動性障害-AD/HD-の診断・治療ガイドライン
AD/HD児へのペアレント・トレーニングガイドブック―家庭と医療機関・学校をつなぐ架け橋

SST(ソーシャルスキルトレーニング)

SST(ソーシャルスキルトレーニング)とは、列に並ぶなどの社会的スキルを、下記の手順で学びます。

  1. 学ぶスキルを知る(インストラクション)
  2. 「良い例」と「良くない例」を紙芝居や映像、劇などで見せる(モデリング)
  3. 「良い例」をロールプレイングで練習。指導者はできたところを見つけてほめる(リハーサル&フィードバック)

なお、最近の研究によると、ADHDの場合、衝動的に行動してしまうため、スキルを適切に学べないケースがあるため、SSTだけでは効果がないとされています。

行動的ペアレント・トレーニングなどとSSTを組み合わせ実施するなどが必要だと考えられています。

参考文献)高機能自閉症・アスペルガー障害・ADHD・LDの子のSSTの進め方―特別支援教育のためのソーシャルスキルトレーニング(SST) 

NF(ニューロフィードバック)トレーニング

ニューロフィードバックトレーニングとは、望ましい脳波の状況になったときに報酬を与えることで、脳の使い方を学習するものです。

ADHDのニューロフィードバックトレーニングは、主にTBR,SMRというトレーニングを行います。

標準的な脳波に近づけるニューロフィードバックトレーニングもありますが、ADHDの場合はあまり用いられません。

なお、適切なニューロフィードバックトレーニングでない場合、問題が発生する可能性がありますので、訓練を受けたセラピストによるトレーニングが推奨されます。

薬はコンサータ、ストラテラ、インチュニブの3つ

コンサータ(メチルフェニデート塩酸塩)、ストラテラ(アトモキセチン塩酸塩)、インチュニブ(グアンファシン塩酸塩)の3つがあります。

薬によって、服用開始から効果が出るまでの期間が異なっており、コンサータが1週間弱、ストラテラが1~2か月、インチュニブ1~2週間です。

また、インチュニブ(グアンファシン塩酸塩)は2017年5月から6~17歳の小児ADHDの治療薬として承認、使用されるようになり、2019年6月に大人への使用が許可されました。

ADHDの方は薬を飲み忘れることがありますから、ピルケースの使用など配慮が必要です。

タイトルとURLをコピーしました