子供が言うこと聞かないとき、叱って行動させるはダメな理由

子供が言うこと聞かないとき、叱って行動させるはダメな理由お役立ち情報
この記事は約3分で読めます。

私もそうでしたが、子供が言うことを聞かないとき、怒って叱っていましたが、疲れるだけで無駄というか、おもいっきりマイナスです。

どうして、子供を叱るとマイナスになるのでしょうか?

「叱られたくないから、行動する」になってしまう

よくあるパターンが、叱られるのが嫌だから、行動(勉強、お手伝い)をするというものです。

叱られたくないから行動する人を、想像してみましょう。

  • 嫌々行動している
  • 文句を言いながら行動する

想像しただけで、ストレスが溜まりそうです。

大人の場合でも同じです。

職場で叱られたくないから行動する人を、想像してみましょう。

  • 嫌々仕事をしている。
  • 愚痴が多い。
  • 仕事で手抜きをしている

私だったら、一緒に働きたくないですし、給料泥棒と叫んでしまいそうです。

「叱られても無視」になってしまう

叱り続けると、どうなるのでしょうか?

人間も動物も同じなのですが、叱られることに慣れてしまいます。

心理学では「馴化(じゅんか)」といいます。

叱られることに慣れてしまった人を、想像してみましょう。

  • 何も行動しない
  • 言うことを聞かなくなる

ついに出てきてしまいました。

子供が言うことを聞かなくなる場面です。

叱るより報酬(ごほうび)なしにしよう

叱っていると、次第に叱っても叱っても、言うことを聞いてくれない状態になってしまいます。

そこで、叱るのではなく、言うことを聞いてくれたら報酬(ごほうび)をあげて、言うことを聞いてくれなかったら報酬(ごほうび)をなしにしましょう。

報酬(ごほうび)なしの例

  • 勉強をしたら、ゲームをする時間が貰える。
  • 勉強をしなかったら、ゲームをする時間が貰えない。

注意)「勉強をしなかったら、ゲームを取り上げる」では、最初は良いのですが、徐々に上手くいかなくなります。

  • お手伝いをしたら、お金(お小遣い)を貰える。
  • お手伝いをしなかったら、お金(お小遣い)は貰えない。

報酬(貰えるもの)には、親に甘えられる、褒められる、お金(お小遣い)、ゲームをする時間などがあります。

ただし、報酬になるかどうかは子供によって異なりますし、その時々で変化します。

報酬が子供にとって、魅力的でないと効果はありませんし、適切な量(お小遣いの金額など)でないと効果はありません。

多くの親御さんは、報酬設定や初期設定が上手くできず、思ったようにいかないことが多くあります。

上手くいくまで試行錯誤していく必要がありますが、試行錯誤するのも疲れてしまった。初期設定ができないなど、誰かにサポートして欲しい方もいらっしゃると思います。

当センターでは、初期設定、報酬設定の立案、サポートをオンラインで【有料(初回30分無料)】しておりますので、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

一方、叱ることが大事な場面もあります

  • 危険な場所に立ち入りそうになったとき
  • 人に危害を加えそうになったとき
  • その他、危険が及ぶ、及ぼしてしまうとき

このようなときは、必ず叱るようにしましょう。

いつも叱られていないのに、叱られると強烈な印象を与えることができて、危険な行為をしないようになります。

ただし、叱るときは、行為をしてから10秒以内にするようにしましょう。

叱るときの例

  • 包丁で遊ぼうとした。
  • 10秒以内に、「包丁は危ないから遊んではいけません」と叱る。

時間が経過してから叱っても、親も子も疲れるだけで、学習の効果が薄まります。

タイトルとURLをコピーしました