子供を叱ったとき、子供が無視するのをやめさせるには褒める

子供を叱って無視されたときお役立ち情報
この記事は約3分で読めます。

「子供を叱っているのに、子供からの反応がない」
「まばたきすらせず、聞いているのかも怪しい」

このようなとき、叱ることをエスカレートさせていませんか?

実はコレ、完全に子供に主導権を取られています

無視することで「消去」という手続きをしている子供

やめて欲しい行動をやめさせる方法に、行動分析学に「消去」という手続きがあります。

1.親が子を叱ります。

2.叱るという行動に対して子は無視(無反応)します。
叱っても、言うことを聞かないし、反応もない状態です。

この行動が「消去」という手続きです。

ちなみに、無視(消去)はいじめられることをやめさせる効果的な方法でもあります。

子供から無視され「疲れた」と言ったら、完全に負け

子供を叱っても、反応がありません。

ついに親が「疲れた」「無力だ」「どうしたらいいんだ」と言葉にしてしまいました。

すると、行動分析学でいうところの「正の罰」が作動!

親は叱るという行動を弱められてしまいます。

言い換えると、親が叱っているはずなのに、逆に親が叱られている状態になってしまうのです。

「正の罰」とは、罰になる刺激を与えることで、行動の出現率を低下させるものです。

詳細は、オペラント条件づけの記事をご覧ください。

子供から無視されて、エスカレートすることも

叱っているのに、子供から無視されていると、叱ることをエスカレートすることがあります。

消去の手続きで、よく見られる行動です。

賢い子供なら「おっ、消去が効いている。もうそろそろ叱られることが無くなるぞ。何回目で諦めるか数えてみよう」と思ってしまうかもしれません。

完全に子供の思う壺です。

ある中学生のクライアントはガッツポーズ、親は諦め顔

私のもとに通っている中学生のクライアントがいます。

彼は、親から頻繁に叱られていましたが、誰から教わったでもなく、消去の手続きをして、親から叱られない状況を作ってしまいました。

親は諦め顔、彼はガッツポーズ。

叱るより、褒める

叱っても無駄になりますから、褒めることが大切です。

  • 勉強したら、褒める。
  • 勉強しなかったら、何もしない。
  • 学校に行ったら、褒める。
  • 学校に行かなかったら、行動を無視(最低限の受け答え)。
  • ハンドボールでよいディフェンスができたら、褒める。
  • シュートが入ったら、褒める。
  • シュートが外れたら、無反応(惜しいとか、ドンマイとか言わない)。

私の場合はどうしたらいいんだ?わからないのならサポートを

「どう子供に接したらいいのだろうか」

「書いてあることをやってみたけど、上手くできない」

このように思ったら、ぜひお気軽にご相談くださいませ。

初回30分無料のオンライン相談の詳細はこちら

タイトルとURLをコピーしました