不眠に効果的なお風呂の入り方とは?

この記事は約2分で読めます。
お風呂

不眠を解消するのにお風呂でリラックス
お湯の温度は○○℃
○○分くらい湯船に入って・・・
など様々な情報が、沢山出回っていますが
さて、本当なのでしょうか?

正解は「人によって違う!」

その理由は?
リラックスしても、ぐっすり眠れない。
そんな方が実際にいらっしゃるからです。


ちょっと待ってください。

私が、そう言ったからといって
皆様の方法を否定しているわけではありません。

というのは・・・

いくら不眠に対して効果が無い方でも
お風呂でリラックスすることは、悪いことではありません。
むしろ
良いことなのです。

では、どうして
こうなってしまうのでしょうか?

ヒントは、
あがる直前。と あがってから。

この2つの行動に、とても大切なものがあります。

1. あがる直前
湯船の中でリラックスした後、そのままあがってもいいのですが、
冷たいシャワーを浴びてさっぱりするのもいいかもしれません。

あがってからのことは、リラックスすることだけ考えたいものです。

2. あがってから
テレビをつけたり、パソコンをしていませんか?
せっかくリラックスしたのに、興奮してしまいます。
のんびり、リラックスした気分のまま、寝ましょう。

ドライヤーで髪を乾かすのも、ロングだと大変。
あせらず、ゆったりとした気持ちでどうぞ。

とは言っても・・・
小さいお子様がいらっしゃる家庭では、
そう簡単にいきません。

お風呂でリラックスした気分のまま
眠れる。
それが出来れば、不眠に効果があるのですが、
残念ながら、この通りに出来ない。

逆にお風呂がストレスになる場合も
多くあります。

例えば、
お子様が騒ぐ。時間が無い。
などです。

ストレスにならないように上手に利用するのがお薦めです。

完全予約制です。
まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。あなたのお力になります。

完全予約制 脳波トレーニング

まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。
あなたのお力になります。

この記事を書いた人
渡辺光理

日本脳機能トレーニングセンター所長 バイオフィードバックセラピスト、心理カウンセラー、ブレインウェーブテクノロジスト、認定心理士、NLPマスタープラクティショナー

日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
不眠
日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
日本脳機能トレーニングセンター|Brain Symmetry®️
タイトルとURLをコピーしました