子供のけんかをやめさせる方法

子供の喧嘩お役立ち情報
この記事は約4分で読めます。

子供がけんかしないようにしたいのなら、けんかをしないことを褒めるのではなく、上手にコミュニケーションができたときに褒めるようにしましょう。

「けんかをするな!」と叱っても、繰り返してしまいます。

けんかには理由がある

けんかには、必ず理由があります。

例えば、おもちゃを使う順番、おもちゃの取り合いなどで、自分の思ったとおりにいかないときに、けんかが始まります。

子供のけんかは、言葉で上手く伝えられないけど、何とか自分の気持ちを伝えたくて始まるのです。

常にけんかを無理やり止めると問題になる

殴り合いになってしまい、お互いがケガをしてしまうレベルになった場合や一方的な場合は、即座にけんかを止める必要がありますが、

親が子供のけんかを、常に止めてしまうと、子供は「自分と他の人の区別」「人間関係」「社会的なルール」などを学ぶことができません

自分で問題に対処することを学べずに、常に親や大人に頼ってしまうことにようになってしまいます。

当センターには、小さいときにルールを学ぶことができず、ひきこもりになってしまった方が大勢みえられています。

大人の考えを一方的に押し付けないようにしましょう

けんかで学ぶ社会性と人間関係

けんかで殴り合いになることもあるでしょう。

「相手を叩いては絶対にダメ」という教育方針もありますが、叩かれたことも叩いたこともない人は、どのくらいの力を入れたら相手をケガさせてしまうのか、叩かれたら痛いなどを学ぶことができません。

叩かれた痛みを知らないで育つと、相手に対して手加減することを学ぶことができないのです。

実際、子供のときに経験がないがために、大人になってから手加減がわからず、相手に大ケガをさせてしまい大問題になったケースが過去にありました。

けんかが強くて自分の意見が通ってしまうと問題に

けんかが強く、いつも勝ってしまう子の場合、「何でもけんかで解決する」という学習(心理学では強化といいます)が行われてしまいます。

すると、他人の気持ちを考えられない、わがままな大人になってしまいます。

けんかが弱くて自分の意見が通らないのも問題に

逆にけんかが弱くて、常に負けてしまう子の場合、「いつも自分の思い通りにいかない」ということが学習され、自分に自信を持てなくなってしまいます。

自分に自信のない子には、育ってほしくないし、わがままなのも考えモノです。

けんかが終わったら、すぐに子供の思いを聞く

けんかで子供の成長を促すためには、けんかが終わったら、すぐに子供の思いを聞くようにしましょう。

少し時間が経過してしまうと、けんかをしたことを忘れてしまうこともあるので、注意しましょう。

ただし、警察の取り調べのように詰問になったらダメです。

あくまでもやさしく「どうしたの?」と聞いて子供の気持ちを受け止めてあげましょう。

そして、4歳ごろまでは、相手の気持ちを察するのが難しいので、親(大人)が「相手は~~~という気持ちだったと思うよ」と伝えましょう。

4歳よりも上なら、子供と一緒に相手の気持ちを考えてみましょう。

なお、成長の度合いによっては、4歳でも相手の気持ちを理解できないことがあります。

「うちの子はけんかなんてしたことない」というのは要注意!

けんかには、相手が必要です。

けんかをしたことがないのなら、孤立しているかもしれません。

発達に問題があるかもしれません。

親が過剰に干渉していないでしょうか?

将来の不登校やひきこもりを予防するためにも、注意深く見守って、必要に応じサポートを受けるようにしましょう。

(コミュニケーションや人間関係の問題で不登校やひきこもりになっているケースがあります)

気持ちが一杯一杯、常にけんかをしてしまうのなら相談を

親の気持ちが一杯一杯。
限界ギリギリ。
もう無理・・・

心に余裕が無くなってしまっています。

心に余裕が無い状態を放置しておくと、心に余裕が無い状態を脳が学習してしまい、怒りやすくなったり、過緊張の状態になりやすくなったりします。

さらに、柔軟な思考ができなくなる、学校の勉強が進まなくなるなど、子供にも悪影響を及ぼします。

脳波フィードバックトレーニング(ニューロフィードバックトレーニング)を受けると、脳に余裕が生まれ、気持ちにもゆとりが生まれます。

子供のためにも、ぜひ一度相談をしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました