お昼寝の罠

寝付けない

お昼寝を30分以上してしまうと、夜寝られなくなることをご存知ですか?
実は、お昼に30分以上、寝てしまうと脳が夜の睡眠と考えてしまいます。
そうすると、生活のリズムが崩れ、不眠の原因になりかねません。


食事をした後、身体を休めるのは
とても良いことです。

食後すぐに、激しい運動をしたりすると
まだ、食べ物が胃の中にあるため
気分が悪くなってしまいます。

肝臓が悪い場合は特に
食後は休む必要があります。
休むことで、消化・吸収をしっかり集中的にすることで
肝臓への負担を少なくすることができます。

身体を動かすお仕事の場合、
お昼寝をされる方が多いのは、
午後のお仕事を安全に、
効率よくするためです。

しかし、長時間お昼寝をしてしまうと、
逆に集中力が途切れることになって、
危険になってしまうこともあります。

お昼寝と言えば、もう一つあります。
車を運転しているとき
どうしても、眠くなってしまうことがあります。

この場合は寝るのが、最も良い方法ですが・・・
10分程度の睡眠では、また眠気が出てきてしまいます。
しっかり寝たいところですが、寝過ぎると
これも眠気が出てきます。

ある程度の時間 30分程度の睡眠の後
運動をすると良いでしょう。


お昼寝の時間の目安は20分から30分です。

短いお昼の睡眠は、午後の力となるだけではなく
身体の健康のためにもお薦めです。
そして、脳の活動のためにも、睡眠はとても大切です。

体験施術の詳細を確認する

このページをシェア

Brain Symmetryをフォローする