バイオフィードバック Biofeedback

この記事は約2分で読めます。

例えば、運動すると自然と心拍数や呼吸が変化します。また、暑いときには汗を書いて体温を下げようとします。

心拍数を上げよう、汗をかこうと思わなくても、私たちの体はちょうど良い具合に調整してくれます。

このような、体の調整機能は「意識的に変化させることが出来ない」と信じられてきました。

運動した後で、速くなった心臓の鼓動を意識的に落ち着かせるということが、不可能だと信じられていたのです。

しかし、実際に意識的に心臓の鼓動を落ち着かせようとすると、落ち着かせることが出来ることが判明したのです。

ある程度、体の状態を意識でコントロールすることが出来るのです。

そこで誕生したのが、バイオフィードバックです。

バイオフィードバックとは、機材を用いて体の状態を測定し目や耳で認識できるようにフィードバックし、意識的に調節することを学ぶ方法です。

この「バイオフィードバック」の中でも、脳波に関するものを「EEGバイオフィードバック」や「Neurofeedback(ニューロフィードバック)」とよびます。

参考

※EEG:Electroencephalographic の略語 「脳波の」・「脳波計」という意味
※ニューロ:neuro 「神経系の・・・」という意味

バイオフィードバックは1960年代後半から、医療現場や心理療法で用いられており、高血圧・不整脈・頭痛・てんかん・自律神経失調状態などの病気の治療やその予防、脳血管障害後のリハビリテーションなどに用いられています。

さらに、健康増進面やアスリート(運動選手)の心身の管理や精神集中の役割も果たしています。

日本では30年以上続く日本バイオフィードバック学会があり日々、研究が行われております。

当センターでは、数あるニューロフィードバックを更に発展させ、改善のスピードが早い、改善率が高い・脳の広い部位に効果があるなどの利点を持つものを採用しています。

完全予約制です。
まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。あなたのお力になります。

タイトルとURLをコピーしました