パニック障害とは

パニック
この記事は約6分で読めます。

パニック障害とはパニック症ともいわれ、何の前触れもなく強い不安と共に、息切れやめまい、心臓の鼓動が激しくなるなどの症状(パニック発作)がでるものです。

また、パニック障害は不安障害や不安症のひとつです。

症状

パニック発作

パニック発作とは「とても強い不安、恐怖、苦痛などに突然なり、短時間で治る発作のことです。

パニック発作の症状
  • 胸の痛み
  • 心臓がドキドキ(動悸)
  • めまい
  • ふらつき
  • 吐き気・ おなかの不快感
  • 胸の痛み・胸の不快感
  • 息切れ・呼吸困難
  • 窒息感
  • ふるえ
  • 汗が出る
  • 痺れ・チクチク感・ジンジン感
  • ほてり
  • さむけ

何の前触れもなくパニック発作するのがパニック障害

何の前触れもなく、突然パニック発作になってしまうのがパニック障害です。

パニック障害の方は「いつ発作になるのか不安」と思っていることが多く、パニックに対してとても不安になっています。

なるべく、発作のことを考えないようにしましょう。

ただし、「発作はない」と考えても、頭の中で「発作」と「不安」が結びついています。

「発作はない」と考えるのは、やめましょう。

また、悪化する可能性がありますので、ご家族や周囲の方は無理にパニックのことを話させようとしないでください

パニック発作の継続時間は10分から30分

パニック発作になると、とても長い時間だと感じられますが、実際には10分から30分でおさまります。

パニック発作になり救急車を呼んだけど、救急車が到着したころにはパニック発作がおさまっていたというケースは多くあります。

パニック発作は10分から30分でおさまるため、何度もパニック発作を繰り返すと、ご家族や周囲の方々が「また発作か。大丈夫でしょ」と思ったり「救急車を呼んでも、無駄」と思ったりして、何も対処しなくなってしまいます。

パニック発作で周囲が何も対処しないのは危険です。

もしかしたら、パニック発作ではない発作かもしれません。

寄り添い「ヤバそう」「危険かも」と一瞬でも思ったら、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

病院の検査で異常は発見されません

めまいや息切れなどの症状があるので、病気かと思い心電図やレントゲンを撮っても、パニック障害の場合、異常は発見されません。

ただし、パニック発作ではない発作になる可能性もありますから、病院で定期的に検査を受けるようにしましょう。

パニック発作で死ぬことはありません

パニック発作のとき「死んでしまうかも」と不安になることが多々あります。

実際にはパニック発作で死ぬことはありません。

パニック発作がおさまるまで、「発作でとても不安。今の不安はどのくらいだろう?」というように、ご自身を俯瞰してみましょう。

しかしパニック発作以外の発作の可能性もあります。

大切なことなので繰り返しますが、 「いつもと違う」と感じたら、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

原因

パニック障害の脳部位

一般的には、パニック障害の原因は脳の機能障害といわれています。

この脳の機能障害をおこす原因として考えられるのがトラウマです。

パニック障害の方をカウンセリングしていると、パニック発作の場面を何度も思い出してトラウマになっているケースが多くみられます。

パニック障害を改善し克服していくには、トラウマへの対処もするようにしましょう。

パニック発作は依存症と同じくらい克服が大変

パニック障害は、パニック発作のことを強烈に覚えてしまいます。

1)パニック発作の場所、会話していた相手などがパニック発作と結びつきます。

2)パニック発作がおさまったとき、「また、発作が出た。嫌だ」というような感情と結びつきます。

専門的にはオペラント条件付けといいます。

突然ですが、ギャンブル依存症というものを、ニュースなどで聞いたことがあるかと思います。

また、同時に依存症から抜け出すのは難しいとも聞いたことがあるかと思います。

ギャンブル依存症から抜け出しにくいのは、いつ当たりになるか不明な状態で、当たりを待ち、当たったときの喜びがとても大きいからです。

実は、いつ当たりになるかわからない状態で当たるというのが、最も学習効果(強烈に記憶される)があります。

快適か不快かは正反対ですが、ギャンブルで当たりを待っている状態と、パニック発作になるかどうか、待っている状態は、同程度の学習効果があります。

ですから、パニック障害から抜け出すのは、依存症から抜け出すのと同じくらい大変です。

でも安心してください。ちゃんと対策すれば、パニック障害は克服できます

対策

安全な日常

発作を抑えるお薬

パニック発作はお薬で抑えることができます。

ただし、お薬は雨が降っているとき使う傘のように、症状が出ないようにしているだけです。

お薬を飲み続けたくないのなら、心理療法、精神療法などを受ける必要があります。

また、お薬にはベネフィット(効果)とリスク(副作用など)があります。

お薬の添付文書に効果と副作用は記載されていますので、ぜひご確認ください。

法律で添付文書の公開が義務つけられています。

薬局でお薬をもらうときに「お薬の添付文書をいただけますか?」と依頼してもいいですし、インターネットで「お薬の名前 添付文書」と検索し、ネット上で添付文書を確認することもできます。

ぜひ、一度ご自身の持っているお薬の添付文書をお読みになってください。

心理療法・精神療法

認知行動療法

パニック障害に効果のある心理療法のひとつとして認知行動療法があります。

実際に認知行動療法をするとわかると思いますが、克服する意思が継続して必要です。

時には、くじけそうになることもあるでしょう。

カウンセラーと共に、乗り越えていきましょう。

脳のトレーニング

パニック障害になると、「パニック発作=怖い」などのような回路が脳にできてしまいます。

「パニック発作=怖い」といったような回路を無くしていくのが脳のトレーニングです。

また、脳のトレーニングではトラウマにも対処することができます。

「何とかしてパニック障害を治したい」とお考えなら、ぜひ脳のトレーニングも検討してみてください。

当センターのトレーニングを受けて、症状の頻度が減少した例や、症状が出なくなった事例がございます。

ご家族や周囲の方が心配して楽になるようにトレーニングを受けさせてあげようと思うかもしれません。

しかしながら、パニック障害をお持ちのご本人様が「今のままで」「自分で何とかできるから、関わらないで」となっている場合、治療やトレーニングなどを受けても効果は期待できません。

このような場合には、治療やトレーニングを受けさせる前に、議論ではなく会話をしてみてください。

もし会話が成り立たないようであれば、第三者的な立場で専門家を同席させてみんなで会話をする方法があります。

専門家を同席させて会話をされたい場合は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

最後に、当センターのトレーニングは下記からお申し込みいただけます。

お気軽にお申しつけくださいませ。

完全予約制です。
まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。あなたのお力になります。

完全予約制 脳波トレーニング

まずは、体験トレーニングであなたの現状をお聞かせください。
あなたのお力になります。

この記事を書いた人
渡辺光理

日本脳機能トレーニングセンター所長 バイオフィードバックセラピスト、心理カウンセラー、ブレインウェーブテクノロジスト、認定心理士、NLPマスタープラクティショナー

日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
パニック
日本脳機能トレーニングセンターをフォローする
日本脳機能トレーニングセンター|Brain Symmetry®️
タイトルとURLをコピーしました