ADHD

これで全部わかる!ADHDとADD

こんにちは! 「集中力が無くて、ADHDかも・・・」 「どうしたらいいのかわからず、不安やイライラで辛い・・・」 こういった気持ち、よくわかります。 そこで、本記事では、ADHDという障害、症状、治療、対処法、向き...
ニュース

セミナー開催のお知らせ

日程が変更になりましたので、ご注意ください!! 詳細は公式ページをご確認ください。 一般社団法人 臨床ニューロフィードバック協会主催のBCIA資格認定・基礎ニューロフィードバックセミナーが12月に開催されます。 当セ...
お役立ち情報

料金と時間を改定しました

この度、料金とトレーニング時間を変更させていただきました。 新しい料金は下記をご覧ください。
99%役立たない情報

視床ー大脳皮質回路

視床thalamasは大脳の皮質corticalとお互いに影響を及ぼし、大脳皮質のEEGリズム(脳波のリズムのこと)を作り出します。 別の言い方をすると、視床ー皮質回路は、大脳の上部皮質層(大脳皮質は6層構造)の皮質脳波リズム(co...
お役立ち情報

オペラント条件づけの区分

教科書に書いてある内容だと、理解しづらいです。 事象が加わる事象がなくなる行動が増加正の強化負の強化行動が減少正の罰負の罰 特に分かりにくいのが、正の罰と負の罰。 正の罰は、罰を与えることで、行動の出現が減少します。 ...
99%役立たない情報

絶対不応期&相対不応期

神経細胞が、活動電位を生じると、絶対不応期⇒相対不応期の順で反応します。 (実際には、もうちょっと複雑) 絶対不応期は2ms程度で、絶対不応期の期間は反応しません。 相対不応期は、強烈な刺激があったときのみ、活動電位を発...
99%役立たない情報

レスポンデント条件づけ

レスポンデント条件づけ(古典的条件づけ)Classical conditioning の用語に下記のものがあります。 条件刺激 conditioned stimulus 無条件刺激 unconditioned stimulus条件反...
99%役立たない情報

アセチルコリン、ドーパミン、ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)の増加

今回も99%の方に役立たない情報です。 アセチルコリン、ドーパミン、ノルエピネフリン(ノルアドレナリン)が増加 ↓↓↓ 低結合(hypocoupled)状態 ↓↓↓ 小さな局所的な共鳴ループを促進 ↓↓...
ADHD

帰無仮説はnull仮説と覚えると楽かも

ほとんどの人に参考にならない記事です。 学会で発表するときに、「p値5%で優位差があった」とかあるじゃないですか。 優位水準5%で、帰無仮説を棄却して・・・となるあれです。 このときに出てくるのが、帰無仮説。 正直...
ニュース

新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)対策

日本脳機能トレーニングセンターでは、新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)対策の一環として、換気、消毒を定期的に実施しております。 冬季ですが、サーキュレーターを使用し確実な換気を行っています。 なお、サーキュレ...
タイトルとURLをコピーしました